メディカルワーク

メディカルワーク

ブログ

Blog

予約システム 選定

Pocket

先日、予約システムの提案に伺いました。

電子カルテシステムも同様ですが、予約システムも以前より安価となり導入率が上がってきているように感じます。とはいっても、小児科、耳鼻科、皮膚科・美容皮膚科、乳腺外科、産婦人科・婦人科といった科目の医療機関に求められることが多い商品です。

当日の順番を取る、事前に検査や診療予約を取るという商品ですが、普段混雑している内科や整形外科に導入されてもよさそうに感じます。

もちろん、患者さんの年齢層が高いと実際に予約操作が煩雑と感じる患者さんが増え逆効果。予約システムを上手く運用できず途中から使用しなくなる例もあるようです。特に途中から予約システムを導入するのには慎重に検討したほうが良いのかもしれません。

個人的な意見になりますが予約システム導入はメリットがあると思います。内科さんでいうと院内感染を避けることができますし、検査の実施、検査結果の報告はある程度診察時間が想定できます。整形外科さんでいうと混雑時間をさけることができるという患者さんにとっても大きなメリットもあるように感じます。メリットをクリニックの差別化にするのもいいのかもしれません。

多少話がそれますが、整形外科のクリニックに関して言えば、理学療法士視点の予約システムなんて出来れば需要がありそうです。

一週間、一ヶ月の単位数を管理しながら最大限にリハビリ室を稼働させるような。

もはや予約システムではなく、AIに近いリハビリ室フル稼働システムとなるのでしょうか。

ネーミングセンスがなくてすみません。。。

Caregoryカテゴリー