クリニックモール

おとりら耳鼻咽喉科

斉藤先生

開業をされたきっかけを教えて下さい。
私は、とある病院で勤めていたのですが、そこではポスト的にある程度裁量があり収入などにも不満はありませんでした。
しかし、自分のやりたいことが100%できるか、と言われるとやはり違うんですね。
元々は小児耳鼻科を専門にやりたいと考えていましたので、完全に自分の裁量で診療を進めていきたいと思い、開業することにしました。

開業される際に気にしていたことは何ですか。
やはり立地ですね。
私の場合はやりたいことが明確だったので、それができる環境かどうか、ということが必須でした。
あくわメディカルヴィレッジは業者さんからの紹介だったのですが、患者さんの層が私の目指していた診療のコアターゲットと一致していました。
一目ぼれでしたね(笑)

モールという開業の形態はどうですか。
元々モールで開業、と考えていました。
というのも、他科があるため、自分のやりたい診療に集中できると考えたからです。
また、同じく他科があるために、より患者さんに来てもらいやすい環境であること、クリニック間で情報交換がはかれるのではないか、ということもモールで開業を考えた理由です。

実際に開業されてからはいかがですか。
やりたいことはほぼできていると思います。
私は小児耳鼻科でも特に滲出性中耳炎を中心に自分の診療を深めていきたいと考えています。
もちろん季節的要因などでそんなことを言っていられない時もありますが、、、でも概ね自分のやりたいことができていると実感しています。
モールでのメリットについても、ここのモールは特にクリニック間での人的なつながりが深いので、非常にやりやすいと感じます。
経営についても、事業計画通りに推移してくれました。

今後開業をお考えの先生に何かアドバイスなどがあればお願いします。
まずは自分のやりたいことを明確にして、それに合う場所を探して、下調べすることが大切ですね。
立地に関しては現場百篇、とにかく足を運ぶことです。
私はこの場所に目をつけた後も、時間帯・曜日を変えて何回も、何十回も足を運びました。
それと、開業の時期は大切です。私は開業には科目毎に開業に良い時期があると考えています。
具体的には、その科目が忙しくなる時期の少し前、耳鼻科の場合ですと9月がベストだと思います。
そこから逆算して開業準備を始めるのが良いのではないのでしょうか。
開業準備に関してはタイムスケジュールに余裕があった方がいいですね。
私は開業直前に1週間ほど旅行に行きましたが、そういう何もしない時期をある程度の期間とることは大切だと思います。

ありがとうございました。

あくわメディカルヴィレッジの医院案内

ページの先頭に戻る